ものづくりが開く、これからの可能性。 ミシンの学校、開校

バッグひとつをつくるにしても、そこには大勢の人が関わっているもの。この「ミシンの学校」では、それぞれに得意な仕事を受け持ちながら、さまざまな布製品を作り上げていきます。

ミシンの技術を学び、それを活かした商品づくりを行う「ミシンの学校」。
各事業所がそれぞれ役割を分け合い、バッグをはじめとした製品を製作する中で技術を向上し、自立する一助となることを期待しています。
画像:ミシンの学校イメージ
  • 画像:ミシンの学校ポイント1
    • ポイント1
    • ブラザー工業からミシンの寄贈と技術指導をいただきながら、各自スキルを磨いています。
  • 画像:ミシンの学校ポイント2
    • ポイント2
    • 企業のノベルティとしてのしおりや、さまざまな国の人が参加する国際大会用のバッグの製作も行いました。
  • 画像:生地カット
  • 生地カット

  • カラフルな生地を丁寧に裁断していきます。
  • 画像:ミシンワーク
  • ミシンワーク

  • 縫製担当は責任が重いだけに、眼差しも真剣。
  • 画像:工房風景
  • 工房風景

  • 和やかな雰囲気の中、協力しあい、楽しく作業中。