ほっこりcafeまぁぶる

法人名:特定非営利活動法人こんぺいとうの会

事業所名:就労継続支援B型事業所 ほっこりcafeまぁぶる

〒963-8052  福島県郡山市八山田一丁目6番

TEL:024-983-1525  FAX:024-983-1525

Mail:marble@coast.ocn.ne.jp

facebook:https://www.facebook.com/ほっこりcafe-まぁぶる-315919525177819/

事業所紹介写真

私たちの思いをつなげ、お客様に思いを届ける。

 

 

2014年4月に就労継続支援B型の事業を開始し、翌5月から店舗営業をスタートしたcafeまぁぶる。震災当時のことを振り返ると、郡山市内はライフラインもストップすることもなく、物理的な被害は小さかったけれども、利用者のみなさんの心の中では、その時に受けた恐怖が大きく残っているといいます。「今もちょっとした揺れや地震の話で泣いてしまう方がいます。また、事業所に行くことは利用者さんにとって日常のこと。その日常が突然なくなってしまったことへの戸惑いもあったはずです」(チーフリーダー・中村理香さん)。

 

住んでいる場所から避難せざるを得ない状況では、大きく心が揺れ動くもの。ましてや、障がい者にとって避難生活を送ることは、健常者に比べれば何十倍もの困難を抱えるものだと考えられます。もし、自分たちにも同じことが起きたら。そう考えると、避難生活を送る事業所と協力・連携するのは当然のことであり、お互いに話をして現状を知ることが重要。中村さんは、「同じ福島県と言っても、郡山で生活していると、被災・避難された方とお話する機会はあまりありません。こうして、協働プロジェクトで関わらせていただくことで、みなさんの生の声を聞けることがとてもありがたく思っています。情報共有をすることで、みなさんとの仲間意識も芽生えてきました」と語りました。

 

ほっこりcafeまぁぶるのランチメニュー(ドライカレーとトマトスープパスタ)とお菓子類は、いずれも利用者の方がほぼ全ての工程で携わっています。今後は一般企業での販売に力を入れていきたいといい、今年9月からは、郡山市役所で週1、2回ほどスイーツとドライカレーのお弁当の販売も開始。「普通に就労ができ、普通に生活を送ることができるきっかけとして、カフェはとてもいい場所だと思います。お客様にいらっしゃいませと挨拶をして会話ができることはとてもありがたいですね」(中村さん)。