サロンどじょう

法人名:特定非営利活動法人JIN

事業所名:サロンどじょう

〒979-1201  福島県川内村上川内字小山平15

TEL:0240-38-2900  FAX:0240-38-2900

Mail:salondojou@gmail.com

事業所紹介写真

川内村初の通所施設として。

 

 

2013年6月に開所したサロンどじょうは、川内村初の通所施設。川内村は福島第一原発の事故により、全村避難となりましたが、2012年1月31日に帰村宣言が行われました。これまで事業所などの施設を利用される方は、富岡町など近隣の市町村へと通っていましたが、どじょうがオープンしたことで、これまでより気軽に施設利用が可能になりました。

 

支援員の大内眞由美さんは、利用者の方がここに通うことで顔つきが変わり、表情もいきいきとしていてきたと語ります。「通い始めた当初は、話もせずにじっと座っているだけの方もいました。しかし、日を追うごとに、挨拶をするようになり、スキンシップも交わし、冗談を言えるようにもなりました。今では、誰よりも大きな声で歌を唄うほどです。どじょうで過ごす時間の中で、本来持っている明るい性格が表に出てきたのでしょう」。

 

どじょうという施設名は、昔は田んぼに当たり前のように生息していたどじょうを、自然豊かなこの川内村で養殖したいと考えたことによります。原発事故によって、それはかなわぬ夢となってしまいました。それでも、今後は地域活動支援センターに移行することを目指しながら、くつろげるサロンとしての側面も大切にすることで、どのような利用者にとっても居心地のよい場所となることを目指して日々運営しています。川内村に生息する天然記念物・モリアオガエルをモチーフにした裂き織りのマスコットをはじめ、小物づくりなども行い、イベントでの販売活動もしています。利用者の人数を増やすことも検討しながら、「のんびりゆっくり、歩いていこう」をスローガンに、大切な一日を楽しく過ごしています。