にんじん舎

法人名:社会福祉法人 にんじん舎の会

事業所名:共働作業所にんじん舎

〒963-0663  福島県郡山市下白岩町波前場45

TEL:024-942-2444  FAX:024-942-2445

Mail:ninjinsyanokai@yahoo.co.jp

Website:http://ninjinsya.jimdo.com/

事業所紹介写真

ここだからできること、ここでしかできないこと。

 

 

1992年4月に誕生したにんじん舎の職員は、無認可作業所時代に「捨てられてしまうものを活かせないか」という思いを抱きました。それが活動の原点となり、現在の基本理念となっています。そして、効率優先、大量消費社会の中で当たり前のように捨てられてしまうものの力を活かし、養鶏・バイオディーゼル燃料・有機農作物栽培などの作業に取り組んでいます。

 

養鶏は、残飯や調理くずを殺菌、かくはん、粉砕、乾燥させ、最後に乳酸菌や麺菌などの大切な菌の力を借りて作った発酵飼料と、たっぷりの緑の草で育てる循環型自然養鶏。有機農作物栽培では、農薬を使わないでできる面積に作付し、刈草と養鶏場で薬剤を含まない安全な完全発酵肥料を作り、健康な土作りを中心とした仕事を軸として作物を育てる農業に取り組んでいます。雑草と戦いながらも、安全でおいしい農作物をつくっています。

 

また東日本大震災後は新エネルギー班を立ち上げ、バイオディーゼル燃料に加え、太陽光発電・バイオガスプラントなどの循環型の仕組み作りに再挑戦。使用済みの天ぷら油でバイオディーゼル燃料をつくり、にんじん舎の3台のディーゼル自動車や農家のみなさんの農機具や重機を動かしています。それも加え、太陽光発電とバイオガスプラントによる発電や有機質液肥の製造にも挑戦を。バイオガスプラントの電気のもとは、家畜フンを材料にしたメタンガスです。

 

「確かな技術と、てまひまをおしまないこと」をキーワードに、働きがいのある仕事、お客様に喜んでいただける商品づくりを日々行っています。