ふたば製作所

法人名:特定非営利活動法人しんせい

事業所名:ふたば製作所

〒963-8022  福島県郡山市西ノ内1丁目25-2

TEL:024-983-8138  FAX:024-983-8138

Mail:salon.shinsei@sky.plala.or.jp

Website:http://saronsinsei.jimdo.com/

事業所紹介写真

故郷の双葉郡に想いを寄せて。

 

 

ここでご紹介している他の事業所等の記事をご覧いただければお分かりになりますように、原発事故によって障がいのある人たちは甚大な影響を受けました。取材をする中で、仮設住宅は壁が薄いので隣の部屋から漏れる声を幻聴として聞いてしまう方や避難先の事業所に馴染めず、何十kmも離れたもともとの事業所に通わざるを得ない方などのお話を聞き、状況や立場は異なっていても、それぞれに困難を抱えている様子が浮かび上がってきました。

 

福島障がい者協働プロジェクトの発起人である富永美保さんも、このような福島の問題を解決するために試行錯誤してきた一人。そして、富永さんが所属するJDF被災地障がい者支援センターふくしまは、障がい者手帳の有無に関わらず、福祉的配慮が必要な方の居場所づくりに取り組もうと、2011年10月に交流サロンしんせいを立ち上げました。そのしんせいを拠点に2013年春にオープンしたのが、このふたば製作所です。

 

ここでは、原発事故により長期避難の続く双葉郡の方が参加し、一般就労や福祉的就労へステップアップするための準備を行っています。そして、「捨てられるものを再生したい」という思いから、使用済みA4封筒を重ねあわせた紙かばん「つながりのかばん28(ふたば)」を製作しています。使用済みのロウを塗り、撥水加工が施されたかばんの表面には、双葉郡をあわらす「28」の大きな文字が。

 

製作に必要な封筒やロウは企業や一般家庭からの寄付によるもの。「多くの方々とのつながりによって生まれたので、『つながりのかばん』という名前をつけました」(富永さん)。さまざまな方々とつながり、心を込めて、ゆっくりと丁寧につくられるかばん。そのかばんがきっかけとなり、これからも新しいつながりが生まれていくことでしょう。